玉川りんご園 栃木県さくら市上河戸952−14 TEL028−686−5423
味の良いりんごの秘密・・・それは米ぬか散布にあります。有機質の堆肥や米糠、油粕など、これから来春までに散布します。収穫を終えたりんごの樹をいたわるこの手間に、秋には豊かな実りと味で応えてくれるのです。  
直売所の商品一覧
他にもたくさんあります。
Hello!野菜
by Honda
わいか栽培りんごの樹をわかりやすく解説しています。このような栽培のもとに美味しいりんごが実るのです。

拡大図をご覧下さい

ふじ
摘果を済ませすっきりしたりんごの樹
摘果作業後の畑
真夏の暑さの中でも、摘果作業はつづきます。
摘果後
一箇所に六個の実がついていましたが、その中からよいものを一つ選んでのこしました。これが摘果作業です。 
とても根気のいる作業です(汗)
摘果前
よりよいりんごに育てる為、摘果をします。(間引きですね)

花が開きました。

白くて可憐ですね。

受粉促進のため蜜蜂を使います。

陽光の花

山々の木々が芽吹き浅黄色に染まる5月。
りんご畑も白いりんごの花が満開です。
りんご畑の雪景色 2010年2月2日の朝

とってもきれいでした。

味の良いりんごの秘密
精一杯の手間ひまをかけています。

りんごの花芽
昨年の夏、今年咲く花芽が出来ました。
葉になる芽は別です。

味の良いりんごの秘密・・・それは米ぬか散布にあります。有機質の堆肥や米糠、油粕など、これから来春までに散布します。収穫を終えたりんごの樹をいたわるこの手間に、秋には豊かな実りと味で応えてくれるのです。        

剪定(せんてい)
剪定は、来年の収穫ための良い花芽を付けるための準備です。3〜4年の枝に実を付ける事が肝心。
太陽光が良く入るように、上下の枝のバランスなど考えての作業です。

枝の破砕剪定で切った枝を細かく機械で砕き、土に戻します。
剪定した枝、直径10センチくらいまでは楽々破砕します。


剪定枝のチップ
ピーナツくらいの大きさに破砕され2年くらいで自然に堆肥に。

堆肥散布
ふかふかの土は根に酸素や肥料をうまく吸収さます。
土の中に住んでいる微生物を生き生き活動させる土作り、それには堆肥が一番です。

▲味の良いりんご作りに、精一杯の手間ひまをかけています。
宇都宮市 (宇都宮市東部・宇都宮市西部・宇都宮市南部・宇都宮市北部・河内町・上河内町)・芳賀町・高根沢町・上三川町・さくら市(氏家町・喜連川町)・鹿沼市(粟野町)・壬生町・下野市(石橋町・国分寺町・南河内町)

・真岡市・二宮町・益子町・市貝町・茂木町那須烏山市(烏山町・南那須町)・矢板市・塩谷町・日光市(今市市・藤原町・栗山村・足尾町)・小山市・栃木市・都賀町・西方町

・那須塩原市(黒磯市・西那須野町・塩原町)大田原市(黒羽町・湯津上村)・那珂川町・那須町・大平町・岩舟町・藤岡町・野木町・佐野市(田沼町・葛生町)・足利市・茨城県(つくば市・筑西市・結城市・古河市・下妻市)